乳酸菌とニンニクによる癌対策を比較してみる

乳酸菌とニンニクによる癌対策を比較してみる

現代人にとっては、癌は非常に驚異的な病気です。その病気に対抗する方法には色々なものがあるのですが、例えばニンニクですね。
癌に対抗する為の食品には色々あり、生姜などもそれを防止できると言われています。ニンニクはそれ以上に癌を防止できる効果が見込めるのですね。ですので癌治療でも、ニンニクはよく用いられているそうです。
それともう一つ方法があって、乳酸菌です。乳酸菌の場合は、癌を予防するという表現が妥当かもしれませんね。治すものではありません。

 

ニンニクのデメリットと量の難しさ

 

ところで上記のニンニクには、1つデメリットがあります。量の調整がやや難しい一面があるのです。
確かにニンニクは癌を治してくれる効果が見込まれるのですが、その逆の効果もあるのです。あまり多くのニンニクを摂取し過ぎるのも、実はあまり良くないのだそうです。と言うのも余り多く摂取してしまうと、今度は体の色々な部分に対してネガティブな影響があります。大量のニンニクを摂取したことで癌になってしまう事例もあるそうなので、ちょっと量が難しいですね。
つまり大量のニンニクには、副作用がある訳です。

 

乳酸菌の安全性と癌を予防してくれる効果

 

ところが乳酸菌の場合は、そのような副作用は一切ありません。むしろ体に対してポジティブな影響がありますね。
そして乳酸菌を摂取するのは、前述のように癌の予防効果が見込めます。特にLG21というタイプなどは、胃がんの予防効果なども見込まれていますので、最近多くの方々が注目しているようです。胃がんだけでなく、大腸がんなども予防効果も見込まれると言われています。
上記のようにニンニクも癌に対しては効果的ではありますが、ちょっと副作用が怖いですね。それを考慮すれば、私はむしろ乳酸菌の方がベターだと考えます。