同じように見えても1つ1つ異なるヨーグルトの乳酸菌

同じように見えても1つ1つ異なるヨーグルトの乳酸菌

コンビニに行きますと、非常に多くの種類のヨーグルトが並んでいます。それらのヨーグルトは、一見するとどれも同じに見えますね。実際確かにそれらのヨーグルトには共通点があって、どれに対しても乳酸菌が用いられているのです。しかしよくよく見てみると、それらには違いがある事が分かります。

 

例えばカゼリ菌と呼ばれる乳酸菌が用いられているヨーグルトは、ここ最近本当によく見かけますね。そうかと思えば、LG21というヨーグルトも非常に多く陳列されています。その2つはどちらも乳酸菌なのですが、特徴は大きく異なります

 

出典
さらばアトピー!乳酸菌生活はじめよう

 

お腹の善玉菌に働きかけるカゼリ菌

 

まず前者のカゼリ菌の方なのですが、胃酸に対する強さが特徴的です。そして、お腹の中に生息している善玉菌を活性化してくれると考えられています。せっかくヨーグルトを摂取しても、胃酸で溶かされてしまっては効果が半減してしまいますね。

 

しかしカゼリ菌の場合はそれにとても強いので、お腹に届きやすいと言われているのです。そして小腸や大腸などに生息している善玉菌に働きかけて、腸内環境を善玉よりにしてくれると言われています。

 

腸よりも胃に働きかけてるLG21

 

それに対して後者のLG21の場合は、小腸や大腸と言うよりもむしろ胃に対するポジティブな効果が見込まれています

 

前述のように胃酸はヨーグルトを溶かそうとする性質を持っていますが、LG21も胃酸にはとても強いそうです。それで胃がんの原因であるピロリ菌に働きかけて、癌を防止してくれると言われているのです

 

ですのでLG21は、ちょっとカゼリ菌とは性質が異なりますね。

 

前述のようにコンビニには非常に多くのヨーグルトが陳列されていますが、それらは全く違う訳です。上記のような乳酸菌の名称と特徴をある程度知っておくのは、とても大切だと思いますね。