善玉菌と悪玉菌。仲良くしよう

最近私が着目しているLG21という乳酸菌が入っているヨーグルト

最近私はあるヨーグルトに注目しています。コンビニなどでも比較的よく見かけるヨーグルトですね。
私がそれに注目をしている理由ですが、将来的な病気リスクです。胃がんになる可能性もゼロではないので、ちょっとそのヨーグルトを摂取して予防しようかなと考えているのです

 

LG21で胃がんの予防が見込める

 

019098.jpg

そのヨーグルトの中には、ある特別な乳酸菌が含まれています。LG21と呼ばれるタイプですね。
そのタイプの乳酸菌の特徴なのですが、胃がんの防止効果が見込める点です。その病気は胃の中に潜んでいるピロリ菌が原因と言われています。ピロリ菌が厄介なのは、一般的な乳酸菌では予防できない点です。
胃の中には多くの酸が含まれていますが、それは乳酸菌に対する殺傷力があります。ですので一般的な乳酸菌では、ピロリ菌には対応できないのですね。

ところがLG21の場合は話は別で、胃の中でも生息できるのです。それで胃がんを防止してくれる効果が見込めるので、とても頼もしいと思いますね。

 

とても手軽に摂取できるLG21入りのヨーグルト

 

そして冒頭で申し上げたLG21入りのヨーグルトなのですが、多くのお店で販売されています。現にコンビニなどに足を運んでも、そのヨーグルトを簡単に見つけられるでしょう。
そのヨーグルトは、値段はとてもリーズナブルですね。100円もしませんので、正直それほど大きな出費にはなりません。

019065.jpg

ちなみに私は以前に、そのヨーグルトを食べてみた事があります。とても食べやすかったですね。必要以上に甘くありませんし、量も適切だと思います。しかも胃の中で生息してくれるとあっては、やはり私としては注目しますね。
思えば日本人にとっては、胃がんは非常に恐ろしい病気です。今からそれに対抗する為に、そのヨーグルトを日々食べるようにするべきかなと最近考えています

コンビニに行きますと、非常に多くの種類のヨーグルトが並んでいます。それらのヨーグルトは、一見するとどれも同じに見えますね。実際確かにそれらのヨーグルトには共通点があって、どれに対しても乳酸菌が用いられているのです。しかしよくよく見てみると、それらには違いがある事が分かります。

 

例えばカゼリ菌と呼ばれる乳酸菌が用いられているヨーグルトは、ここ最近本当によく見かけますね。そうかと思えば、LG21というヨーグルトも非常に多く陳列されています。その2つはどちらも乳酸菌なのですが、特徴は大きく異なります

 

出典
さらばアトピー!乳酸菌生活はじめよう

 

お腹の善玉菌に働きかけるカゼリ菌

 

まず前者のカゼリ菌の方なのですが、胃酸に対する強さが特徴的です。そして、お腹の中に生息している善玉菌を活性化してくれると考えられています。せっかくヨーグルトを摂取しても、胃酸で溶かされてしまっては効果が半減してしまいますね。

 

しかしカゼリ菌の場合はそれにとても強いので、お腹に届きやすいと言われているのです。そして小腸や大腸などに生息している善玉菌に働きかけて、腸内環境を善玉よりにしてくれると言われています。

 

腸よりも胃に働きかけてるLG21

 

それに対して後者のLG21の場合は、小腸や大腸と言うよりもむしろ胃に対するポジティブな効果が見込まれています

 

前述のように胃酸はヨーグルトを溶かそうとする性質を持っていますが、LG21も胃酸にはとても強いそうです。それで胃がんの原因であるピロリ菌に働きかけて、癌を防止してくれると言われているのです

 

ですのでLG21は、ちょっとカゼリ菌とは性質が異なりますね。

 

前述のようにコンビニには非常に多くのヨーグルトが陳列されていますが、それらは全く違う訳です。上記のような乳酸菌の名称と特徴をある程度知っておくのは、とても大切だと思いますね。

続きを読む≫ 2015/03/25 16:11:25

インターネットの検索エンジンを用いて、乳酸菌に関する情報を調べている方々は多数いらっしゃいます。検索エンジンを使うことになるのですから、もちろんキーワードを用いる事になります。つまり乳酸菌というキーワードを検索窓に入力して、探している方々が多くいらっしゃるのですね。

 

1月に需要が多い乳酸菌

 

ところでそのエンジンを用いての検索には、件数があります。特定の時期に件数が多くなることが、しばしば有るのですね。春の時期に検索件数が多くなるキーワードもあれば、冬に件数が多くなるキーワードなど様々です。
では乳酸菌の場合はどのような状況になっているかというと、1月に件数が増えているのが現状のようです。例えば2年前のデータなのですが、1月の検索件数は非常に多かったです。2年前の他の月の検索件数が100だとすると、1月の検索件数は130前後という状況でした。
2年前だけでなく、去年も同様です。去年の1月の検索件数は、180前後といったところでしょうか。また2月や3月も、多少件数が多い傾向があります。ですので乳酸菌というものに対しては、1月に需要が高まっているのかなと思います。

 

最近は乳酸菌に対する需要が増加傾向

 

それともう一つ興味深いのが、ここ2年間の増加傾向です。総じてここ2年間で、だんだんと乳酸菌の検索件数が上昇してきていますね。目立って上昇している訳ではありませんが、だんだんと増加している事だけは確かです。
と言う事は乳酸菌に関して興味を覚えている方々の人数が、だんだんと増加してきているのでしょう。トレンディーなキーワードの1つという訳ですね。
つまり「1月にキーワード検索の数が増加する」のと「最近はだんだんと人々からの需要が増えてきている」という2点が、乳酸菌の特徴だと考えます。

続きを読む≫ 2015/03/12 22:25:12

現代人にとっては、癌は非常に驚異的な病気です。その病気に対抗する方法には色々なものがあるのですが、例えばニンニクですね。
癌に対抗する為の食品には色々あり、生姜などもそれを防止できると言われています。ニンニクはそれ以上に癌を防止できる効果が見込めるのですね。ですので癌治療でも、ニンニクはよく用いられているそうです。
それともう一つ方法があって、乳酸菌です。乳酸菌の場合は、癌を予防するという表現が妥当かもしれませんね。治すものではありません。

 

ニンニクのデメリットと量の難しさ

 

ところで上記のニンニクには、1つデメリットがあります。量の調整がやや難しい一面があるのです。
確かにニンニクは癌を治してくれる効果が見込まれるのですが、その逆の効果もあるのです。あまり多くのニンニクを摂取し過ぎるのも、実はあまり良くないのだそうです。と言うのも余り多く摂取してしまうと、今度は体の色々な部分に対してネガティブな影響があります。大量のニンニクを摂取したことで癌になってしまう事例もあるそうなので、ちょっと量が難しいですね。
つまり大量のニンニクには、副作用がある訳です。

 

乳酸菌の安全性と癌を予防してくれる効果

 

ところが乳酸菌の場合は、そのような副作用は一切ありません。むしろ体に対してポジティブな影響がありますね。
そして乳酸菌を摂取するのは、前述のように癌の予防効果が見込めます。特にLG21というタイプなどは、胃がんの予防効果なども見込まれていますので、最近多くの方々が注目しているようです。胃がんだけでなく、大腸がんなども予防効果も見込まれると言われています。
上記のようにニンニクも癌に対しては効果的ではありますが、ちょっと副作用が怖いですね。それを考慮すれば、私はむしろ乳酸菌の方がベターだと考えます。

続きを読む≫ 2015/03/12 22:24:12

アレルギーにお悩みの方々は、世間では多いかと思います。その種類も色々なものがありますが、どのアレルギーにも共通している要素があります。体内のバランスが崩れてしまう点です。そしてアレルギーは、乳酸菌が解決をしてくれるという意見があります。

 

リンパ球のバランスがおかしくなってアレルギーが発生

 

まずアレルギーのメカニズムなのですが、簡単に申し上げればリンパ球の活性化が関係してきます。
アレルギーの元になる物質が体内に入ってきますと、それを攻撃する為にリンパ球が活発化します。ちなみにTh2と呼ばれるリンパ球が活発になるのですが。
ところで、体内にはそれとペアになっているリンパ球があります。一部のリンパ球だけが活発になってしまうと、ちょっと体のバランスに狂いが生じてしまうのですね。それでアレルギーの様々な症状が発生してしまうのです。花粉症などもその1つですね。

 

リンパ球のバランス調整をしてくれる乳酸菌

 

ところが乳酸菌は、アレルギーの解決が見込めると言われています。その理由なのですが、まずTh2の活動を少し抑えてくれるのだそうです。前述のようにそのリンパ球が活発になっている事で体のバランスが崩れてしまっているのですから、それが抑えられればアレルギーの改善が見込める訳ですね。
それともう一つ特徴があって、Th2のペアのリンパ球はTh1です。乳酸菌の働きによって、そのTh1の働きが強くなると言われています。それで両者のバランスが上手く調整されて、アレルギーの改善が見込まれると言われています。
花粉症に対して乳酸菌が効果を発揮してくれるという話は有名ですが、それも上記のようなメカニズムが関係しているのですね。ですのでアレルギーに悩んでいる方などは、ちょっと乳酸菌を摂取してみるのは良いと思います。

続きを読む≫ 2015/03/12 22:23:12

女性によっては、便通の問題点に悩んでいる事があります。すなわち便秘ですね。
便秘が起こってしまいますと、正直良い事はありません。一番まずいのは、排出されるべきものが出て行かない点ですね。それで重病になってしまう事もあるのです。

 

とても深刻なむくみ腸とその原因

 

最近、むくみ腸と呼ばれる病気が発生しているようです。腸の働きが弱くなってしまって、栄養分の分解が上手く行かなくなってしまう事があるのです。
例えば脂肪分などは分解するべき栄養分の1つですが、それが分解されないと肥満体質になってしまう事があります。
それとむくみ腸は、デトックスが上手く行かなくなってしまう事も多々あります。なかなか排泄が進まず、老廃物が蓄積されてしまうのですね。最悪の場合大腸がんになってしまう事もありますので、むくみ腸は意外と深刻な病気と言えるでしょう。
むくみ腸が発生してしまう理由の1つですが、大腸のぜん動運動が上手く行っていないことがあるのです。それは老廃物の排出などに関わる運動なのですが、何かの原因でそれが上手くいかないのですね。

 

むくみ腸の予防が見込める乳酸菌

 

ではどうすればその病気を予防できるかと言うと、その1つが乳酸菌と言われています。乳酸菌のメリットの1つは、腸内の環境を整えてくれる点ですね。確かにそれも大きなメリットなのですが、実は乳酸菌からは酢酸と呼ばれる物質が放出されます。その働きにより、腸の中でぜん動運動が盛んになるのだそうです。
さらに前述の便秘は、乳酸菌によって改善される事も多いですね。色々と連鎖反応が発生して、デトックスが進むからです。
むくみ腸の特徴ですが、かなり長い間便秘が進んでいる事が多いそうです。ですので「ちょっと最近便秘が長く続いている」と考えているならば、乳酸菌を摂取するのも良いと思います。

続きを読む≫ 2015/03/12 22:23:12